仮設トイレのレンタル、浄化槽の点検・清掃、配管洗浄など何でも千葉県の有限会社小櫃清掃社にご相談ください。

HOME ごあいさつ 会社概要 仮設トイレのレンタル 浄化槽について 法定検査 営業のご案内 お問い合わせ 地域情報 環境保全センター

浄化槽の点検について

浄化槽は定期的な保守点検が必要です
浄化槽を使用する場合、浄化槽を常に良好な状態を保っておくために、定期的な保守点検が必要になります。(浄化槽法第10条により定められています)
保守点検の回数
保守点検の回数は、法律によって定められています(環境省令第6条)

単独処理浄化槽
処理方式 浄化槽の種類(人槽) 点検期間/1回
全ばっ気方式 1. 処理対象人員が20人以下 3ヶ月
2. 処理対象人員が21人以上300人以下 2ヶ月
3. 処理対象人員が301人以上 1ヶ月
分離接触ばっ気方式、分離ばっ気方式または単純ばっ気方式 1. 処理対象人員が20人以下 4ヶ月
2. 処理対象人員が21人以上300人以下 3ヶ月
3. 処理対象人員が301人以上 2ヶ月
散水ろ床方式、平面酸化床方式または地下砂ろ過方式    6ヶ月
合併処理浄化槽
処理方式 浄化槽の種類(人槽) 点検期間/1回
分離接触ばっ気方式、嫌気ろ床接触ばっ気方式または脱窒ろ床接触ばっ気方式 1. 処理対象人員が20人以下 4ヶ月
2. 処理対象人員が21人以上50人以下 3ヶ月
活性汚泥方式    1週
回転板接触ばっ気方式、接触ばっ気方式または散水ろ床方式 1. 砂ろ過装置、活性炭吸着装置または凝集槽を有する浄化槽 1週
2. スクリーン及び流量調整タンクまたは流量調整槽を有する浄化槽(1に揚げるものを除く) 2週
3. 1及び2に揚げる浄化槽以外の浄化槽 3ヶ月

※上記の表の点検回数はあくまでも最低限必要な回数なので、用途や浄化槽の構造等に応じて回数を増やすことが必要になる場合もあります
保守点検の内容
・ 消毒薬の点検補給
・ 汚泥堆積状況の確認
・ モーターなどの点検
・ 放流水質の水質検査など

浄化槽の清掃について

浄化槽を使用していくと汚泥などが徐々にたまり、そのまま放置しておくと放流水とともに流れ出てしまうだけでなく、浄化槽の機能不良の原因ともなります。使用人数や浄化槽の種類によって違いはありますが、基本的には1年に1回清掃することをお勧めします。
弊社では保守点検の際に汚泥の堆積状況を確認していますので、清掃の時期をお知らせしております。

レンタル料金(1ヶ月)